HLGを搭載

Thailand Elite Visa
ホームページ - ニュース - タイに住むガイド(パート1)

タイに住むガイド(パート1)

デジタル遊牧民ビザ

タイは、他の近隣の東南アジア諸国と比較して、長い間人気のある目的地でした。 毎年、何千人ものデジタル遊牧民がタイに移住し、主に素晴らしいフードシーン、東西の文化、そして生活費の低さに魅了されています。この記事では、デジタル遊牧民がタイを一時的または第二の故郷として求める理由はたくさんあり、タイでの滞在を無制限に延長したい人にはどのようなビザオプションが利用できるかを学びます。

 

2022年のデジタル遊牧民のトレンドの変化

タイでのコロナウイルス関連の厳格な入国規則と国の再開の延長により、高級なデジタル遊牧民の来國率が非常に下げている。そのうち、タイはまだ中級のデジタル遊牧民を受け入れているが、高級なデジタル遊牧民のグループは、自宅で働くことや自社事業を確立することに強制される数が急速に増えてきた。そのため、高級なデジタル遊牧民のグループが入国でき、しばらくの間で住み、「Workation」生活に適応できれば、タイにいることでメリットが得られるということ。

2022年のタイの再開により、タイ政府は低級観光客から高級観光客を中心にすることになった。しかし、コロナウイルスパンデミックにより、高級なデジタル遊牧民が外国に移動することにはビザやホテルの値上げなどの難しさがある。以上のように、高級なデジタル遊牧民がタイで安心に暮らせるためにタイエリートビザに興味を持つことになった。

 

タイ長期滞在を可能にすることができます!
With a Privilege Entry Visa
that is valid from
5 years up to 20 years.

Thailand Digital nomad visa Thai Elite Visa

タイがデジタル遊牧民にとって素晴らしい8の理由

多様で革新的なデジタルハブ

タイでのスタートアップやフリーランサーのエコシステムは活況している。それは、アイデア、製品、ソリューション、サービスには多様性があるため。このような多様な環境で働くことは、アイデアが刺激し、あらゆるデジタル遊牧民たちに役立つリソースが使用可能である。タイは大きなインフラストラクチャを持つにより、ASEAN内の接続ハブになったことで、デジタル遊牧民に彼ら自身のベンチャーで彼らをさらにサポートすることができる志を同じくする専門家に会うより多くのチャンスを与える。

毎日一日中

COVID-19の大流行により、遠隔地での生活と仕事の新時代が人気を集めた。テクノロジーは人々にどこからでも働きの選択肢を与えた。それは仕事と旅行の簡単なブレンドであり、あなたのビジネスを運営しながら喜びを見つけることである。ラップトップを膝の上に置き、足を砂に置いて快適に仕事をし、快適に暮らせるのに、なぜ寒くて高価な都市に住んでいるのだろう。

すばらしい CO-Working Spaces

タイには、すべての主要都市にまたがるコワーキングスペースの素晴らしい選択肢がある。モダンでトレンディなコワーキングスペースやかわいいコーヒーショップは、Instagramにふさわしく、各町に点在している。 それぞれが独自の特徴、最先端の設備、そして素晴らしい一杯のコーヒーを備えている。

生活費が安い

信じるかたいが、タイでの1ヶ月間の生活費は、おそらく国の家賃よりも安い可能性が高い。本当の地元の人のように生活し、食事をするために、あなたは1ヶ月に600ドルから1,000ドルまでぐらいを使うことを期待することができる。より豊かで西洋的な快適なライフスタイルをお探しの方は、月額1,500〜2,500USDのご利用が期待できる。他の場所と同様に、大都市は周辺の郊外や島よりも住むのに費用がかかる。 収入のあらゆるレベルに常に何かがある。

高速のインターネットと接続速度

タイは最高のブロードバンド速度で7位にランクしている。タイの電話会社間の絶え間ない競争は、安定した高速のインターネットブロードバンド速度を生み出す。 離れた場所にある寺院を訪れたり、ジャングルをトレッキングしたりするときに、携帯電話で5Gまたは4Gに依存している場合でも、サービスを期待できる。WIFIは、ショッピングモール、ホテル、銀行、マッサージパーラー、スパ、カフェ、レストランなど、ほとんどの公共エリアで無料で利用できる。

デジタル遊牧民のコミュニティ
ライフスタイル、生活費、その他の施設を考えると、デジタル遊牧民のほとんどのクラスターを見つけることができる7つの主要都市がある。

 

バンコク

タイの中心的な首都であり、遊牧民がこの国で暮らすのに最も高価な都市である。都市生活、ビジネスチャンス、および都市が提供するリソースを切望している駐在員やデジタル遊牧民にとって理想的である。西洋の食べ物や文化をたまに欲しがるなら、この街は誰にとっても何かを持っている。 コワーキングスペースやスタートアップコミュニティは豊富である。バンコクでのマンションの賃貸と賃貸は6ヶ月から12ヶ月で始まるが、毎月の賃貸を提供するアパートをいつでも見つけることができる。 Airbnbも一つの選択肢である。

 

チェーンマイ

タイの北地方に位置するチェンマイは、静かで交通渋滞が少ないことで、ミニバンコクである。この都市は、デジタル遊牧民に平和な生活でバンコクよりも低い生活費を提供している。水濠と山々に囲まれ、文化遺産と歴史に満ちている。西洋料理、ジム、レストラン、地元のナイトライフシーンなど、必要な物のを見つける。多くコワーキングスペースとトレンディなカフェがあり、ただ、バンコクより少ない。

 

ランタ島

もう1つ、外国人やデジタル遊牧民に人気がある目的地であり、アンダマン海岸に位置するランタ島は、一年中ビーチでの小旅行の生活様式をあげる。ランタ島の「Workation」は、実際の仕事の他に、朝のビーチラン、スキューバダイビング、シュノーケリング、ビーチバーで構成されている。ランタ島のデジタル遊牧民の一般的な宿泊は、豪華な別荘、ゲストハウス、アパートなど、さまざまなものがある。

 

パンガン島

パンガン島に住む湾岸の島は、まさに島の脱出である。 満月のパーティーの目的地として最も有名な、遊牧民が探索できる島の他の側面がある。見事なビーチ、果てしなく続くヤシの木の並びは、まるで楽園で働いているような気分にさせてくれる。 島のいたるところに素晴らしいレストラン、ヨガスタジオ、その他の施設がある。島のいたるところに素晴らしいレストラン、ヨガスタジオ、その他の施設がある。 そうでない場合は、タイで人気のある別の目的地であるプーケットから少し離れている。

 

プーケット

タイの最大の島であるプーケットは、パトン、カタヤイ、マイカオ、カロンなどの魅力的なビーチが世界的に高い評価されているパラダイスである。プーケットの海岸線は、30以上の美しいビーチがある。何年も、明らかに低級から高級な観光客の理想的な第二の屋である。プーケットでは様々な屋外プログラムが行われて、ハイキングやスーパーヨットでサンセットクルーズなどを見逃せない。島自体は地元や観光関連のビジネスを維持するのに十分な大きさであるため、素晴らしいライフスタイルが考えられることで多くのデジタル遊牧民はプーケットを第二の屋にすることなった。

 

クラビー

紺碧の海と山頂の景色が冒険への欲望を与えるなら、このタイ南地方の目的地は特別に作られている。 クラビは、州の主要な交通ハブであり、本土のすべてのものへのアクセスでありながら、真の島の生活を誇る島である。 何キロにも及ぶ風光明媚な海岸線を探索する準備ができており、ハリウッドの伝説的な島々や完璧なダイビングスポットや登山スポットもある。 デジタル遊牧民として、なぜここに住みたいと思いませんか?

 

サムイ島

タイのもう一つの天国の美しい島であることに加えて、サムイ島の生活費は安いものから贅沢なものまでさまざまである。 天気は素晴らしく、安全である。 島全体に高速インターネットアクセスが提供されており、島にはスクーターやレンタカーでアクセスできる。 あらゆるレベルのデジタル遊牧民に対応するオプションがある。 島には独自の入国管理局もあり、デジタル遊牧民がビザスタンプや90日間の報告を行うのに便利である。観光ビザVS。 タイエリート

デジタル遊牧民であることの不便なのは、最適なタイビザを見つけることである。 デジタル遊牧民として、おそらく観光ビザを取得している(そして、合法的には、観光ビザを取得するべきではない)。 では、どのビザが最適であるか? タイでの5〜20年の滞在を許可するタイランドエリートビザを取得することで、特典をもらうでしょう?

15日・30日の観光ビザ免除

国籍がタイに入国できる1つの56国のビザ免除である場合、タイで最大30日のVisa-Freeで滞在を得ることができる。 手数料を支払うことで、30日の延長ビザを申請することができる。 往路の確認のフライトが必要である。

つまり、30日+ 30日の延長が終了した後、滞在の延長を使い切ったこということである。 タイで滞在を延長するには、Visa Runまたは学生ビザを申請する必要がある。 どんな状況でも、観光ビザの下で働くことは許可されていない。

「VIsa Run」というのは、有効なビザがなく、取得しなければならいないことである。 このビザを取得するには、タイ国外の領事館または大使館を訪問する必要がある。ビザの申請と徴収のために領事館/大使館を訪問する時間のため、往復のフライトと1〜2泊以内のオーバーステイが必要である。

タイランド・エリート・ビザ

タイ国政府観光庁(TAT)の管理下で、タイランドエリートメンバーシップは、強化されたファーストクラスのサービス、排他的な移民および空港の特典を通じて長期滞在の駐在員を引き付けるために作成されいた。

タイラドンエリートビザは、タイプリビレッジカードを会員に提供されている5〜10年の長期滞在プログラムである。 これは、観光ビザ(特典エントリ「PE」)に分類されており、メンバーシップレベルに応じて、メンバーシップ所有者がタイに5〜20年間居住できる。 また、正当な配偶者、子供、または家族を追加料金で含めることもできる。

国境のCOVID-19の封鎖の以前は、タイラドンエリートは「裕福な人」のためだけと思っていた。 世界中で第2波のCOVID-19の封鎖の影響を受けて、多くのデジタル遊牧民や暗号投資家は、自国内の封鎖から逃れるためにそのような居住ビザに投資することに関心を持っていた。 トロピカルダウンロードで快適に暮らすことにはマイナス面はなく、ビザの問題やタイの移民に安心して対処できます。

デジタル遊牧民がタイラドンエリートビザを取得するためには何が含まれているか? タイには長期滞在で、 合計7つの異なるビザメンバーシップパッケージから選択できる。

人気のあるタイのエリートプログラムのトップ3は、エリートイージーアクセス(個人で5年間、18,000ドルのエリートプリビレッジアクセス(個人で10年間、30,000ドル)、およびエリートスーペリアリティエクステンション(個人で20年間、60,000ドル)である。 家族と一緒に旅行する遊牧民に加えて、エリートファミリーエクスカーションは、配偶者や近親者を含む人気のある会員の選択肢となっている。

選択されたすべてのメンバーシップの種類には、迅速な移民、VIPリムジン、およびその他の空港関連の手続きで空港の旅を容易にするエリートパーソナルアシスタントが含まれている。 90日レポートなどの入国管理レポートの場合は、パスポートと関連書類をタイラドエリートにドロップするだけで、エリートパーソナルアシスタントが出入国手続きをすべて処理する。 タイランドエリートビザを使用すると、デジタル遊牧民はタイエリートからタイの銀行口座を開設するための支援を受けたり、タイの運転免許証を取得したりできる。

関係者全員のVisa Runや他の入国手続きから得られた累積費用を比較すると、タイランドエリート特典ビザへの投資は悪いことではないようである。 興味のある申請者は、ここでタイランドエリート会員に簡単に申請でき、4週間以内に承認書を受け取り、申請者が承認された後にのみ会員の支払いを行うことができる。

デジタル遊牧民としてタイに住んでいるという現実は、(遠隔地でさえ)働くつもりなら、違法にやっているということである。 タイで税金を支払わずに、また納税者番号なしで働く場合、技術的にはまったく働くことができない。

もちろん、調査したい場合に備えて、他のビザも利用できます。 就労許可を取得する予定の場合は、就労を開始する前に非移民ビザ「B」を取得して就労許可を取得する必要がある。 ビザ料金は、有効期間が3か月の単一エントリの場合は2,000バーツ、有効期間が1年の複数エントリの場合は5,000バーツである。 提示する必要のあるいくつかのドキュメントと一緒に、毎年更新する必要がある。

提示する必要のあるいくつかのドキュメントと一緒に、毎年更新する必要がある。 ビジネスを行うタイを頻繁に訪れる場合は、3か月の非移民ビザ「B」をリクエストできる。これにより、タイでの無制限の訪問と3か月の滞在が純粋にビジネスを行うことがでる。 50歳以上でタイでの引退を検討している場合は、非移民ビザ「O-A」を申請できます。ビザの有効期間は1年で、いかなる種類の雇用も禁止されている。

デジタル遊牧民としてタイへのビザオプションを検討していますか? メンバーシップやその他のタイのエリートプロモーションの詳細については、www.thaielite-express.comで今すぐチャットしてください。 Thaielite-expressは、他の外国人ビザの要件についてさらに支援することができる。

Thaielite Expressは、2013年から認定された一般販売およびサービスエージェントです。ガイドがあれば、タイのエリートビザの費用とメリットをよりよく理解し、適切なオプションを見つけることができることを願っている。

ただし、ご不明な点がございましたら、タイエリートビザとメンバーシップの詳細については、当社のWebサイトにアクセスするか、電子メール(bastien@thaielite-express.com)で直接お問い合わせください。 英語、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語をサポートしています。 24時間以内に返信する。

タイ長期滞在を可能にすることができます!
With a Privilege Entry Visa
that is valid from
5 years up to 20 years.

Contact us directly via WhatsApp

Share this article

今すぐ
メンバー

になる

Thailand Elite Visa

よくある質問

The applicant/the Member must have and maintain to have the following qualifications: Being allowed to stay in Thailand in accordance with the immigration laws or any related law of Thailand.(no overstay record) Holding foreign passport. Not having been sentenced by a judgment to imprisonment in any countries except for an offense committed through negligence. Not having been adjudicated bankrupt. Not having been declared as a person of unsound mind incompetence, or quasi incompetent.

タイエリートは5、10または20年のメンバーシップを提供し、メンバーシップの有効期間中にビザの更新を保証します。 メンバーがタイの入国審査を通過するたびに、メンバーシップの有効期限が切れるまで、パスポートに1年間のビザスタンプが自動的に付与されます。 メンバーがタイに1年以上連続して滞在した場合、入国管理局での簡単な更新により、さらに1年間のビザスタンプが付与されます。

タイ エリート ビザは、2003 年にタイ王国政府によって開始され、承認されたプログラムです。エリート ビザ プログラムを運営する Thailand Privilege Card Co., Ltd は、観光省の下にあるタイ政府観光局の完全子会社です。 そしてスポーツ。 HLG 法律事務所の権限を持つ ThaiElite-Express は、正規の販売代理店です。

エリート会員になってタイエリートビザを取得した後は、いつでも非移民ビジネスビザとタイで働くことを許可する就労許可証を申請することができます。 また、エリートフレキシブルプラスに申請し、タイで不動産、有限会社、公開会社、または証券取引所に少なくとも100万米ドルを投資し、労働許可を与えるオプションもあります。

支払いは、申請書の提出、タイの移民による移民の身元調査、および電子メールによる承認書の受領後にのみ必要です。 その後、申請者は、国内または海外の銀行振込、クレジットカード、またはタイエリート銀行口座への直接入金によって会費に進むことを選択できます。

The Thailand Elite Visa is perfectly suitable for Digital Nomads. As business or retirement visas are not necessary a good match for digital nomads, the Elite Visa answers to all nomads with numerous privileges to cater members’ needs. With very little documentation needed, as well as the flexibility of applying from anywhere, regardless abroad, on arrival, or within Thailand. The process is seamless and fast. Moreover, from a study by The Instant Group, Bangkok has recently been voted as the world’s second-best city to work in as a digital nomad (best city in Asia). This is down to the innumerable benefits in which Bangkok brings, which are but not limited to; Internet broadband speed, culture, scenery, transportation, weather, affordability, cuisine, and more. Having already welcomed 35 million digital nomads from all over the world, in 2021, it’s forecasted that there would be more arrivals to the Land of Smiles with constant technological and infrastructure improvements.

タイエリートプログラムに申し込むことは、タイに長期間滞在して生活するための実行可能で簡単な解決策です。 タイエリートのみが5年、10年、または20年のメンバーシップを提供し、申請者のメンバーシップの有効期間中にビザの更新を保証することができます。 今日の時点で、他のすべての非移民ビザオプションは1年または2年の有効期間に制限されています。

タイで引退するためのエリートビザは、再生可能エネルギーの保有期間中、申請からの引退ビザと比較して心配のないオプションです。 申請時、エリートの場合、書類は最小限であり、保持期間中の医療保険や証明はありません。エリートメンバーは、90日間のレポートの支援、空港入国審査のファストトラック、ラウンジなど、さまざまな特典を利用できます。 アクセスと空港リムジン、現地通貨または外貨での銀行口座開設の支援、24時間年中無休のコールセンターなど。 エリートビザは、メンバーシップ期間中、特権エントリービザを簡単に更新できるようにします。

タイエリートプログラムに申し込むことは、タイに長期間滞在して生活するための実行可能で簡単な解決策です。 タイエリートのみが5年、10年、または20年のメンバーシップを提供し、申請者のメンバーシップの有効期間中にビザの更新を保証することができます。 今日の時点で、他のすべての非移民ビザオプションは1年または2年の有効期間に制限されています。

タイエリートビザは、タイに長期滞在するためのタイ法に基づく完全に合法かつ合法的なプログラムです。「タイエリート」は、タイプリビレッジカード株式会社が運営しています。2003年にタイ王国政府が発足しました。 同社は、観光スポーツ省傘下のタイ国政府観光庁の完全子会社です。

Related Articles

Staying in Thailand for 5 years to 20 Years

The solution to staying in Thailand for 5 years to 20 Years

11月 29, 2022

A rapidly rising number of travellers are looking to move to Thailand for longer periods, or even permanently.

詳しくはこちら
DIGITAL NOMADS THAILAND ELITE VISA

Thailand Elite Visa for Digital Nomads, is it possible in 2022?

11月 28, 2022

In a recent study we identified 12 factors for digital nomads to consider when looking for a location to settle. ...

詳しくはこちら
GUIDE TO LIVE IN THAILAND

Do You Want to Live in Thailand? 

11月 21, 2022

Thailand has become a hugely popular destination for foreigners in which to work or retire.  Expert estimates say that hundreds...

詳しくはこちら
Thailand Elite Visa

Become a Thai Elite Member Now

Thailand-Elite Visa representative will contact you shortly with more information.