運営:Harvey Law Group法律事務所

ホームページ - 居住プログラム - タイの長期滞在ビザ

タイの長期滞在ビザ

2023年:長期滞在ビザ(LTR)とタイのエリートビザ、どちらが良いのでしょうか?

タイランドエリートカード2023年1月31日更新内容)

タイには多種多様な移民プログラムやビザが存在し、どれを選べばよいか迷うことがあります。この記事では、タイのエリートビザと長期在留ビザ(LTR)のメリットとデメリットを比較し、現在の状況に適したプログラムを選ぶのに役立つ情報を提供します。

タイランドエリートビザとは何ですか?

タイのエリートは、タイ国家観光局(TAT)の株主である国有企業が運営する、2003年から続く優れた会員プログラムです。世界中の外国人居住者から支持され、その会員コミュニティは着実に拡大し、タイの優れたライフスタイルを提供することで成功を収めています。タイのエリートビザ特典プログラムは、一流の外国人客にタイの最高のライフスタイルを提供することを目的としており、移民、ライフスタイル、ビジネスなどの分野で独自の特典を提供する世界初の国別会員プログラムとして19年以上にわたり、人気と信頼を得てきました。

一方、長期在留ビザ(LTR)は、2022年9月1日から稼働した、投資委員会(BOI)が運営する新しいプログラムです。 of September 2022.

両プログラムとも、長期ビザと複数回入国許可を付与し、更新が可能ですが、以下で説明するように明らかな違いがあります。では、タイの長期在留ビザとエリートビザにはどのような違いがあるのでしょうか?

#1: タイエリート会員による柔軟な滞在期間

タイエリートとLTRビザの両方はタイに長期滞在するための解決策を提供しています。LTRは10年間のビザオプションに限定されていますが、エリートは5年、10年、20年の選択肢があり、5年間のメンバーシップをいつでも20年間に延長することができます。

#2: タイエリートメンバーの応募者プロフィールに制限なし

長期滞在ビザ(LTR)は、実際には非常に特定の外国人カテゴリーに予約されています:富裕なグローバル市民、富裕な年金受給者、デジタルノマド、そして高度に熟練したプロフェッショナルです。タイエリートビザは、応募者の教育歴、職歴、富に基づく制限はありません。投資や健康保険の要件もありません。 LTRビザとは異なり、現在の収入や居住年数の証明はタイエリートビザの申請に必要ありません。

#3: タイエリートビザの被扶養者数に制限なし

LTRビザ保持者は被扶養者を4人までに制限されていますが、タイエリートは家族向けのパッケージを提供し、被扶養者の数に制限はありません。すべての直系の家族は、追加費用を支払うことで、主なタイエリートビザ保持者の下でタイエリートの一員として申請することができます。

#4: 空港のファストトラック移民サービス

タイエリートとLTRビザの両方が空港のファストトラック移民サービスを提供します。ただし、VIP空港リムジンサービス(年間最大24回まで)と特別なタイエリートラウンジアクセスは、タイエリート会員にのみ提供されます。

#5: 健康保険の比較

LTRビザを申請するには、最低限USD 50,000の保険カバレッジが必要であり、タイの社会保障保険、またはUSD 100,000の預金が必要です。一方、申請するにはタイ

#6: 申請プロセスの簡易性

どちらのプログラムも、申請は便利なオンラインで行うことができます。明確な違いはビザの貼付にあります。LTRビザは海外の王立タイ大使館/王立タイ総領事館、またはタイの入国管理局で発行されます。

同じプロセスがタイエリートメンバーにもあり、追加のオプションがあります。タイエリートメンバーは、到着時に国際空港で「Privilege」複数回入国ビザを貼付することを決定することができます。さらに、タイエリートパーソナルアシスタントが現地に派遣され、入国管理官との円滑(かつ迅速な)手続きが確実に行われます。

有効期間5年~20年。
With a Privilege Entry Visa
that is valid from
5 years up to 20 years.

Long-Term Residence Long-Term Resident Thailand Elite Long term Visa Thailand

#7: コスト比較

長期在留ビザにアクセスするコストは、タイランドエリートと比較してはるかに魅力的に見えます。

応募者のライフスタイルに応じて、最適な選択肢を評価することが重要です。長期在留ビザの料金は、タイ内閣が50,000バーツであり、毎年処理および更新される労働許可証の追加料金が3,000バーツです。タイランドエリートビザを取得するには、THB 600,000からTHB 2,000,000が必要で、それにより、王国で5〜20年間滞在できます。また、90日間のビザランやその他の入国手続きの頭痛からも救われます。タイランドエリートの会員費は高くなるかもしれませんが、空港の入国手続きの迅速化、VIPリムジン、ゴルフ、スパ、ホテル、ショッピングモールでの特別割引など、多数の特典による快適性を提供します。

#8: 税制面でのインセンティブ

長期在留ビザを持つ高度な専門家は、17%の一律税率で課税され、海外収入に対する税制面での免除が受けられます。タイランドエリートにはそのようなインセンティブはありませんが、タイの税法は、同じ財政年度内にタイに移転されない限り、海外の収入に対して課税を免除しています。

#9: ワークパーミットのオプション

LTRビザ保持者は BOI と共にワークパーミットを取得し、1つのワークパーミットあたり「登録済みTHB 2,000,000の資本と4人のタイ人従業員」という通常の会社要件の免除を受けることができます。2021年には、Thailand Eliteは、承認されたタイの不動産プロジェクトまたは株式市場に少なくとも100万ドルを投資した10年または20年のThailand Eliteメンバーが、ワークパーミットを受け取ることを可能にするElite Flexible Plusパッケージを発表しました。

#10: ライフスタイルに合わせた豪華な特典

Thailand Eliteメンバーとして、個人および家族は、更新可能な特権の多重入国ビザだけでなく、複数の言語で利用可能な24時間対応コールセンター、空港での移民ファストトラック、そしてThailand Eliteラウンジにアクセスできます。各Thailand Eliteメンバーは、ビザの取得、タイの銀行口座開設、政府コンシェルジュへのアクセス、さらには運転免許証の取得に対してエリートパーソナルアシスタントの支援を受けることができます。素晴らしいライフスタイルの恩恵があなたを待っています。

もしタイに移住したい、あるいは長期滞在を計画しているのであれば、 タイランドエリート はLTRビザまたはタイランドエリートメンバーシップの取得を支援するためにここにあります。タイランドエリートは2013年から認定された一般販売およびサービス代理店です。もしタイランドエリートビザに申請を興味がある場合は、こちらのオンライン申請ポータルをご利用いただき、数分でタイランドエリート申請を提出してください。

今すぐお問い合わせください。+66 2 670 1848 or email: bastien@thaielite-express.com までお送りください。で直接お問い合わせください。 英語、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語をサポートしています。 24時間以内に返信する。

有効期間5年~20年。
With a Privilege Entry Visa
that is valid from
5 years up to 20 years.

WhatsAppを通じて直接お問い合わせください。

この記事を共有する

今すぐ
メンバー

になる

よくある質問

How do I get a 10 year visa for Thailand?

Foreigners can get a 10-year visa either with the Thailand Elite or the Board of Investment (BOI). While the Thailand Elite welcome all applicants (except certain nationalities), the Long Term Resident Visa is limited to wealthy investors, retirees, experts or digital nomads.

How do I get a long term visa for Thailand?

Apart from the classic 1-year non-immigrant visas (such as retirement visa, business visa, family visa), there are 2-way to hold a long-term visa either with the Thailand Elite or the Board of Investment. The Thailand Elite offers 5, 10 and 20-year membership to single applicants or families. Foreigners can choose the package fitting their needs best. On the other hand, the Board of Investment can grant a 10-year visa to wealthy investors, retirees, experts or digital nomads.

Can foreigners get permanent residency in Thailand?

To apply to the Thai Permanent Residency, a foreigner must comply with preliminary requirements such as holding a Thai non-immigrant visa for at least three years prior to the submission, hold a non-immigration visa at the time of the submission, demonstrate an ability to speak Thai and qualify to one of eligible categories.

Can you get a 5-year visa for Thailand?

Foreigners can obtain a 5-year Thailand Elite membership thanks to the Elite Easy Access package at 600,000 THB for a single applicant. A 5-year family package, the Elite family Excursion, is also available at 800,000 THB for a couple and 300,000 THB per additional dependent.

How much is a 10 year visa in Thailand?

There are 2 Elite packages valid for 10-years. The 10-year Elite membership, with the Elite Privilege Access would cost 1,000,000 THB for a single applicant and an additional 800,000 THB per dependent. While the Elite Family Alternative would cost 800,000 THB for a main applicant, plus 700,000 THB per additional dependent.

How much is a 5-year visa in Thailand?

There are two 5-year Elite membership packages available. For a single applicant, the Elite Easy Access is at 600,000 THB. For a family, the Elite Family Excursion is at 800,000 THB for a couple, plus 300,000 THB per additional dependent.

Can you get a 12 month visa for Thailand?

Thailand offers various types of 1-year visas depending on the applicant’s situation such as a family visa, a retirement visa, a business visa. Depending on the selected category, the requirements would be different.

How long can expats stay in Thailand?

The length an expatriate can stay in Thailand would depend on the type of visa held and the stamp from the immigration officer in the passport. Visa exemption can be granted for 15 or 30 days, temporarily extended to 30 and 45 days for some nationalities since 1st October 2022. Tourist visa could be up to 3 months. Most non-immigration visas have a length of 1-year. The Board of Investment could grant a Long-Term Resident (LTR) visa for 10-years length. Otherwise, only the Thailand Elite offers 5, 10 or 20-year membership. While the LTR is limited to specific wealthy categories of foreigners, the Thailand Elite welcomes all applicants (except certain nationalities). No visas equal the ease of the Elite process.

タイで利用できる長期ビザは何がありますか?

タイエリートプログラムの申請は、長期間滞在し生活するための最短な解決策です。 タイエリートのみが5年、10年、20年のメンバーシップを提供し、申請者のメンバーシップ有効期間中にビザの更新を保証するものです。非移民ビザのオプションは、現在1年または2年の有効期間のもののみです。

タイのエリートビザは合法ですか?

タイエリートビザは、タイに長期滞在するためのタイの法律に基づいた合法的なプログラムです。 タイエリートは、タイプリビレッジカード株式会社が運営しています。 同社は観光スポーツ省タイ国政府観光庁の完全子会社で、2003年にタイ王国政府に認証されています。

関連記事

Thailand Public Holidays and 90-Day Reporting

2月 14, 2024

詳しくはこちら

Relocating to Thailand with Family: The Pros & Cons

1月 18, 2024

Navigating the Journey: Relocating to Thailand with Family and kids The adventure of relocating to Thailand with your family is...

詳しくはこちら
Thailand Privilege Visa 2024

Thailand Privilege Visa 2024 Crafting Your Own Luxurious Lifestyle in Thailand

1月 5, 2024

Explore the many luxurious and lifestyle benefits for individuals and families with The Thailand Privilege Visa in 2024.

詳しくはこちら

Our qualified team will contact you within today.

Thailand Privilege Card representative will contact you shortly with more information.

Our qualified team will contact you within today.

Thailand Privilege Card representative will contact you shortly with more information.