運営:Harvey Law Group法律事務所

ホームページ - ニュース - タイ旅行にかかる費用

タイ旅行にかかる費用

3-4日のタイ旅行にかかる費用はどのくらいでしょう?

十数年前まで、タイは物価が低く日本からの貧乏旅行に最適と言われていました。しかしここ近年の経済発展とそれに伴う物価上昇、国際航空券価格の上昇、さらに円安の進行もあり、日本から決して激安では行けなくなってしまいました。

それでは週末を使ってタイに3泊程度の旅行に行くためには、一体どのくらい必要なのでしょうか?

まず航空券です。バンコク行き航空券は東京発往復で4万円~15万円くらいです。オフシーズンの一番安い時なら3万円台でも可能です。しかし激安な航空券はLCCの乗り継ぎ便で時間がかかるものが大半なので、短期のタイ旅行には向いていません。通常のものなら安くて10万円くらいが相場です。年末年始や大型連休では20万円超ということも珍しくありません。

次にホテル代。幸いタイにはゲストハウスなど安く手軽に泊まれる宿も多く、1泊2千円くらいからの宿泊も可能です。また高級ホテルも全体的に日本や欧米より安く2万円台からあります。費用を抑えるなら7-8千円くらいの中級ホテルがいいでしょう。

それから食費ですが、こちらも屋台などリーズナブルで美味しい店が多いため、欧米と比べるとかなり安く抑えることができます。

昼食なら千円以下で、夕食でも3千円あればおなか一杯食べることができます。

あとは現地での観光や交通費です。幸い、タイのタクシーは日本よりかなり割安で初乗りは40バーツ(155円くらい)です。スワンナプーム空港からバンコク市内までなら2千円以下なので、複数人いる時なら電車やバスより安くなる可能性もあります。

また、タイ独自の乗り物「トゥクトゥク」もありますが、観光客狙いが多く、しかも料金は交渉性になっているため、初心者には厳しいかも知れません。旅慣れている人やタイ語ができる人と一緒に乗るのがよさそうです。

また観光のための費用ですが、もし寺院などを巡るだけなら安価に抑えることが可能です。各所の入場料は概ね100バーツから500バーツですので、日本円にすると400円~2000円程度です。有名なタイマッサージは一般的な店で受けるなら200-300バーツ(700-1100円程度)一方、ハイランクのものなら日本と同様かそれ以上の費用がかかります。ナイトライフも同様です。事前にネットや現地情報などで十分に情報収集していくことが重要です。

ここまでで考えると3泊旅行のトータルは、お土産代を除きオフシーズンで10万円、ピークシーズンで20万円ということになりそうです。

なおタイに観光目的で行く場合、日本のパスポートがあれば30日以内ならビザは不要です。

また長期滞在や将来的にタイへの移住を考えているのなら、タイエリートという各種サポートが付いたタイ独自の有料プログラムもありますので、検討してみるといいかも知れません。これを使えば長期滞在ビザだけでなく、入国審査における優先レーン(ファーストトラック)の利用、飲食店やショッピングセンターでの割引特典もあり、滞在がさらに快適になるようです。 幅広い情報を入手した上で慎重に予算を考えることが大切です。

有効期間5年~20年。
With a Privilege Entry Visa
that is valid from
5 years up to 20 years.

有効期間5年~20年。
With a Privilege Entry Visa
that is valid from
5 years up to 20 years.

WhatsAppを通じて直接お問い合わせください。

この記事を共有する

今すぐ
メンバー

になる

よくある質問

タイのエリートビザの対象者は?

申請者/メンバーは、以下の資格を持つことが必要であり、かつ維持する必要があります:タイの出入国管理法または関連法に従ってタイに滞在することが許可されていること(過去にオーバーステイの記録がないこと)。外国のパスポートを所持していること。過失を犯した場合を除き、どの国でも判決によって懲役刑を宣告されていないこと。破産宣告を受けたことがないこと。精神的に無能力または準無能力者と宣告されていないこと。

エリートビザでタイにどれくらい滞在できますか?

タイエリートには、5年10年20年のメンバーシップがあります。 メンバーシップの有効期間中はビザの更新ができます。 メンバーはタイの入国審査を通過し有効期限が切れるまで、パスポートに1年間のビザスタンプが自動的に押されます。 メンバーが、1年以上連続して滞在する場合、入国管理局で簡単に更新でき、さらに1年間のビザスタンプが押されます。

タイエリートは信用できますか?

タイエリートビザは2003 年にタイ王国政府に承認されたプログラムです。エリート ビザプログラムを運営する タイプリビレッジカード株式会社はタイ観光省タイ政府観光局の完全子会社です。 HLG 法律事務所のサービスである ThaiElite-Express は、タイ政府認定の正規の販売代理店です。

タイエリートビザで働くことはできますか?

エリート会員となりタイエリートビザを取得すると非移民ビジネスビザを得て、タイで働くことを許可する就労許可証を申請することができます。 また、エリートフレキシブルプラスに申請し、タイの不動産、有限会社、株式会社、または証券取引所で100万米ドル以上を投資し、労働許可を得るオプションもあります。

タイエリートの入会金の支払い方法は?

申請書の提出、タイ政府による身元調査完了後、電子メールで承認書を受領し、支払いが発生します。 申請者は、国内または海外の銀行振込、クレジットカード、またはタイエリート銀行口座への直接入金による支払方法を選択します。

タイのエリートビザはデジタルノマドのためのものですか?

タイエリートビザは、デジタルノマドにとって完璧に適しています。ビジネスビザや退職ビザはデジタルノマドには必要ないため、エリートビザは数多くの特典を提供し、メンバーのニーズに応えることができます。必要な書類が非常に少なく、外国やタイ国内でもどこからでも申請できる柔軟性もあります。プロセスはスムーズで迅速です。また、The Instant Groupの調査によると、バンコクは最近、デジタルノマドとして働くための世界で2番目にベストな都市に選ばれています(アジアで最も優れた都市)。これは、バンコクが提供する無数の利点に起因するものであり、インターネットのブロードバンド速度、文化、景観、交通、天候、手頃な価格、料理などが含まれます。世界中からすでに3500万人のデジタルノマドを迎え入れたタイでは、2021年にも、技術革新やインフラの改善に伴い、さらに多くの人々が訪れることが予想されます。

タイで利用できる長期ビザは何がありますか?

タイエリートプログラムの申請は、長期間滞在し生活するための最短な解決策です。 タイエリートのみが5年、10年、20年のメンバーシップを提供し、申請者のメンバーシップ有効期間中にビザの更新を保証するものです。非移民ビザのオプションは、現在1年または2年の有効期間のもののみです。

タイのエリートのリタイアビザ

リタイアエリートビザは、申請時に選択するリスクの少ないオプションです。 申請時、エリートメンバーの場合、書類は最小限であり、ビザ有効期間中の医療保険や証明はありません。エリートメンバーは、90日間のレポートの支援、空港入国審査の迅速化、ラウンジ利用など、さまざまな特典を利用できます。 また、空港へのアクセスは空港リムジンを利用でき、現地通貨または外貨での銀行口座開設の支援、24時間年中無休のコールセンターなどのサービスを利用できます。エリートビザは、メンバーシップ期間中、特別なエントリービザを簡単に更新できるようにしています。

タイで利用できる長期ビザは何がありますか?

タイエリートプログラムの申請は、長期間滞在し生活するための最短な解決策です。 タイエリートのみが5年、10年、20年のメンバーシップを提供し、申請者のメンバーシップ有効期間中にビザの更新を保証するものです。非移民ビザのオプションは、現在1年または2年の有効期間のもののみです。

タイのエリートビザは合法ですか?

タイエリートビザは、タイに長期滞在するためのタイの法律に基づいた合法的なプログラムです。 タイエリートは、タイプリビレッジカード株式会社が運営しています。 同社は観光スポーツ省タイ国政府観光庁の完全子会社で、2003年にタイ王国政府に認証されています。

関連記事

Thailand Public Holidays and 90-Day Reporting

2月 14, 2024

詳しくはこちら

Relocating to Thailand with Family: The Pros & Cons

1月 18, 2024

Navigating the Journey: Relocating to Thailand with Family and kids The adventure of relocating to Thailand with your family is...

詳しくはこちら
Thailand Privilege Visa 2024

Thailand Privilege Visa 2024 Crafting Your Own Luxurious Lifestyle in Thailand

1月 5, 2024

Explore the many luxurious and lifestyle benefits for individuals and families with The Thailand Privilege Visa in 2024.

詳しくはこちら

Our qualified team will contact you within today.

Thailand Privilege Card representative will contact you shortly with more information.

Our qualified team will contact you within today.

Thailand Privilege Card representative will contact you shortly with more information.